カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

            

  

                                 JR駅前支店  

075-935-1888 フリーダイヤル0120-77-2929営業時間時〜7時 水曜 定休日                        上に並んだ色々な絵(アイコン)を押してください別窓が開いて説明します

盆休みお知らせ。   8月13日〜16日まで休ませて頂きます。

社交ダンスの歴史

社交ダンスの歴史

スタンダード 

社交ダンスの歴史、ヨーロッパ宮廷舞踏会が起源とされています、西洋では社交会に必要なものとして発達してきました、現在のモダンダンスはイギリスで発達し20世紀になってからラテンの種目も加わるようになりました、明治維新以降には、日本でも鹿鳴館時代には貴族や上流階級の間に社交ダンスが導入されましたが、一般の人達が社交ダンスを楽しむようになるのは、都市部にダンスホールが出来るようになった大正時代以降の事です、太平洋戦争敗戦後アメリカの進駐軍の為に多くのダンスホールが出来ました、そして若い男女の交流の場として、社交ダンスパーティーが開催され流行するようになりました、ペアが常にホールドをして移動する踊りで男性は燕尾服に白いネクタイ、女性はロングドレスで正装して踊ります。 

ワルツ Waltz

ワルツは3拍子のゆったりとしたリズムに乗って、フロアを円形に回りながら優雅に踊るダンスです、リズムもとりやすく初心者から上級者まで多くの人に愛されています、スローワルツは別名イングリッシュワルツとも呼ばれます、円舞曲から発達したスローワルツは回るという意味で回転が中心です、スローもクイックも入りません、社交ダンスの中でも最も長い歴史があり優美さと回転が特徴です、最初に誕生した社交ダンス種目がワルツとされています、ルーツはヨーロッパの民衆の中で踊られていたダンスだと言われています、ワルツも含めルネサンスの頃ヨーロッパ各地で大流行しました、18世紀の後半ウインナワルツで男女がペアになりクロースホールドで踊るようになって以来、現在の形になったとされています、ヨーロッパの宮廷舞踏会でも、ワルツが人気となりました。別名イングリッシュワルツまたは、スローワルツとも呼ばれます。
タンゴ Tango
タンゴは四分の二拍子または四拍子の情熱的な音楽に乗って、膝を少し曲げやや重心を低くして歯切れのある動きを心がけながら踊ります、女性が激しく右に首を振るのが特徴的です、タンゴの始まりは西アフリカで生まれその後アルゼンチンで発達した、アルゼンチンタンゴとヨーロッパで洗練され発達した、コンチネンタルタンゴに分類されます、社交ダンスとして踊られるのはコンチネンタルタンゴに属します、南米アルゼンチンからヨーロッパに伝わりました、ラクンパルシータやジェラシーなど有名な名曲も多く、悩ましく激しく情熱的に踊ります。 

スローフォックストロット Slow Foxtrot

スローフォックストロットは英国スタイルの代表的な気品あるダンスです、ゆっくりとした四分の四拍子のリズムに乗って、両足は揃えずに身体は一定の高さで、途切れる事なく、流れるような動きが要求されます女性はゆっくり後退していきます、雪道を歩く狐の忍び足に似ているところから、スローフォックストロットと言われるようになりました、19世紀にヨーロッパで生まれフランスで流行し、その後アメリカで大流行しフォックストロットのスタイルが確立されたと言われています。  

クイックステップ Quick Step


クイックステップは速い四拍子で、軽やかなステップを踏みながら楽しくダンスフロアを軽快に駆け抜けるダンスです、その名が示すようにアップテンポでスピード感に溢れるアメリカ的な踊り、テンポが早いのでパートナーとのフットワークがポイント、軽快な動きに加え優美さも求められます、映画Shall weダンスで男優の役所広司が競技中にパートナーの裾を踏んでしまうシーンを覚えている人も多い事でしょう、あれがクイックステップです、ぴったりと息のあったパートナーとのコンビネーションが要求されます、始まりはフォックストロットでしたイギリスでダンス競技会が開催され始めた当初は、まだスローフォックストロットとクイックステップの区別は無く、1920年代に二つの種目として独立し別れる事になったとされています。   

ウィンナワルツ Viennese Waltz

ヨーロッパのウィーンで生まれた、正統派の優雅で格調高いダンス宮廷舞踏ワルツが、ウィーンの農民たちの間で踊られるようになり、そこからウィンナワルツが発達したとされています、ワルツよりも速い三拍子のテンポでくるくると回転しながら踊るのが特徴です。
                                                                              
ラテン
南米特有の強い日差しの下、明るく陽気で楽しいリズムに合わせて自由なスタイルで踊るのがラテンダンスの特徴です、そのルーツはカリブ海に浮かぶ島キューバで、ルンバが生まれ、そしてマンボが踊られるようになり、そのマンボからチャチャチャが生まれたとされています。  
                                                                                                                                                                                           チャチャチャ Cha Cha Cha
チャチャチャは南米キューバで生まれ、アメリカのニューヨークで発達した踊りです、マンボの陽気で軽快なリズムに合わせステップ、ステップ、チャチャチャとカウントしながら楽しく踊ります。
サンバ Samba
サンバは南米ブラジルで生まれました、リオのカーニバルで有名なサンバリズム、色々な楽器が醸し出す複雑でアップテンポの曲に合わせ、軽快で躍動的に踊るのが現在のサンバです。 
ルンバ Rumba
ラテンアメリカの代表的な踊りでアフリカの黒人がルーツと言われ、独特な片足を引きずるような動きは、奴隷として南米カリブ海のキューバ島などに連れてこられた人達が、足枷に重い錘の付いた鎖を引きずりながら踊った為と言われています、それがマンボの音楽に合わせて踊られていたものが、ヨーロッパに伝わりイギリスで発達していった踊りとされています、女性を男性が追いかけるような情熱的で求愛を表現した踊りで、体重移動からおこるヒップアクションが特徴的なダンスです。
                                                                              パソドブレ Paso Doble
ヨーロッパスペインの荒れ狂う牛と戦う勇猛果敢なマタドール(闘牛士)の姿が原型になったとされ、マタドールが闘牛場へ入場する時に用いられた曲ですが、ルーツはスペイン発祥ではなく、フランスで現在の踊りに作り上げられたダンスです、男性がマタドールでそれに対して女性はマタドールが持つ、真っ赤なケープの役割を受け持つ情熱的で迫力あるダンスです。  
                                                                             ジャイブJive
ジャズにあわせ踊られていたステップに、スゥイングジャズの軽快なリズムが融合し作られたジルバですが、その後アメリカからヨーロッパのイギリスに渡りステップやリズムが改良されて生まれたのがジャイブです、ジルバにロックンロールをミックスしたような踊りで、見ていても本当に楽しい気分になってしまう、コミカルで愉快なダンスです。

激しい運動は苦手だけど何か体を動かせることを始めたい…そんな人が楽しみながら始められるのがダンスですね。きらびやかで綺麗なドレスを着て踊ることに最初は恥ずかしい気持ちがあるかもしれませんが、実際初めてみるととても難しく、運動量も多いのが社交ダンスです。そして徐々に踊れるようになると、綺麗なダンス衣装を揃えたくなってきますね。
「愛のルビヤ」では、社交ダンスの練習着から競技用のダンスドレスをはじめ、ダンス発表会衣装やカラオケの衣装まで多数販売しています。まだまだ初心者の方にもダンス暦数十年のベテランの方にも、ドレスショップ愛のルビヤで是非お気に入りの一着を!